万能薬味 香りツーン大根ちゃん

万能薬味 香りツーン大根ちゃん

  • 2015年12月16日
90747728 出品者:株式会社デハイドレートジャパン
所在地:福島県郡山市菜根屋敷418-1 五百渕ハイコーポ112
電話:024-983-0567
FAX:024-932-7534/td>

智恵と技術が生み出す“捨てない農業”

IMG_3820

「捨てない農産物・捨てない農業」を基本理念に、低温除湿乾燥機の開発及び製造・販売と、食品の粉末加工によるオンリーワン商品の開発に取り組んでいる株式会社デハイドレートジャパン。その高い技術は県外のメーカーが視察にくるほどの評価を得ていますが、代表取締役を務める前田隆さんが低温除湿乾燥技術の着想を得たのは今から10年ほど前でした。産業機械のエンジニアリング業を営んでいた自分の知識と技術を食に活かしたいという想いからです。開発実験を重ね生み出された乾燥機は様々な食材の粉末加工に成功し、2016年5月には特許認定されました。その最大の特長は乾燥室内部に外気の導入を一切しない低温維持技術で、酸化・劣化を防ぎ、風味・香り・色・ビタミン・酵素成分を最大限残せる乾燥を実現したのです。その技術は生産者やサプリメント事業者などの加工受託需要を高め、さらに広く発信していきたいと考えた前田さんは自社加工商品の開発に取り組みました。地元郡山の大根産地として名高い布引高原の大根を粉末にして本わさびとブレンド、さらに本来廃棄されてしまう大根の葉を加える事によって緑鮮やかで香り高い万能薬味を完成させました。構想から商品化までは7〜8年を要しましたが、水に戻すだけで新鮮野菜の風味と辛味を手軽に楽しめる商品として、いまや県内のみならず首都圏へと販路を広げています。「規格外や大根の葉のような廃棄されてしまう農産物をいかに資源として有効に活用するか。技術屋ならではの視点で新たな魅力ある商品を発信していきたい。」そう話す前田さんは「とろろ昆布麺」や「枝豆とうふ」などの様々な商品も開発、2015年2月には香港での展示会に出展を果たすなど、その理念は世界にも向けられています。

「万能薬味 香りツーン大根ちゃん」ができるまで

IMG_3861
こちらが低温除湿乾燥機。20~35度という低温乾燥技術は、とろろ昆布などが持つネバネバ感を活かしたままの加工も可能にします。

daikon_3
大根の葉は無農薬で栽培できる11月末〜12月くらいに収穫された物を殺菌、乾燥後に粉末にします。

大根原料1
わさび原料1 daikon_funmatsu
ワサビ、大根も同じく殺菌、乾燥後に粉末にしますが、大根は食感を活かすため1ミリ前後の粗粉末にします。

⑤万能薬味-調理イメージ
それぞれをブレンドして、水を少量加えただけでホンモノの味が楽しめる万能薬味が完成します。

生産者の方から


当社自慢の商品です。地元産の大根、大根の葉の栄養素を取り込んで、さらにワサビの味わいと香りを加えました。肉や魚料理、お刺身や麺類など、どんな用途にも合う万能調味料となっております。是非お試しください。