前へ
次へ

弁護士に相談して断られるケース

弁護士が相談を断るケースとして、まず一つ目に費用倒れの心配がある場合が挙げられます。
相談された案件で回収できる金額と実際に支払ってもらう金額を比べて、費用倒れになる場合は断られることがあります。
回収したお金をすべて弁護士費用に当ててしまうと、依頼者には全くお金が残らないことになります。
そういった事態を防ぐために、あらかじめ断るところも多いです。
また、法的な目線で見て勝つ見込みがないと判断した場合も断られることがあります。
事件をうける以上利益を生むか生まないかに関わらず着手金などのお金は必要になるので、勝ち目が全くない場合は受けることが難しいです。
ただし、勝つ見込みがあるかどうかは実際に相談してみないとわからないことなので一度話を聞きにいかれることをおすすめします。
さらに、業務範囲外の依頼についてもお引き受けをしていないことがあります。
このように、かならず引き受けてもらえるわけではないので注意が必要です。

Page Top